ニューヨークで大ブレーク中の日本酒。山口県旭酒造次期4代目。
by asahishuzodassai
カテゴリ
全体
NYでの試飲会・イベントの様子
試飲会・イベントのご案内
NYでの日々の出来事
NY以外の地域について
その他
自己紹介
山口の蔵の様子
未分類
プロフィール
・ 本名:桜井 一宏
・ 生年月日:
1976年11月4日
・ 血液型:B型
・ 経歴:山口県と広島県の県境にある岩国市。その山奥にある獺越という地区に  ある、旭酒造という造り酒屋の長男として生まれる。中学・高校と広島県の学校に通い、その後に東京の大学に入学。卒業はお酒に全く関係ない会社に就職したが、昨年より旭酒造に戻る。現在は造りの手伝いの傍ら、ニューヨークに自社のお酒「獺祭」を広めようとしている。いつまでたっても慣れない英語に苦戦中。
・ 獺祭とは:当社が造っているお酒です。これからニューヨークにどんどん広めてい
きます。見かけましたら皆さん是非お試ししてみてください。飲んでいただいたらきっとファンになっていただけると思います。
※ 獺祭命名の由来:カワウソは捕らえた魚を岸に並べる習性があり、その姿はお祭りをしているように見えるとの事。詩や文をつくる際、多くの参考資料等を広げちらす様子と共通することから、「獺祭」とは書物や資料などを散らかしている様子を意味します。
学者、正岡子規は自らを獺祭書屋主人と号していたとの事ですが、日本文学に革命をもたらした正岡子規のように、変革と革新の中からより優れた酒を創り出そう、という志と地元の地名「獺越」にも「獺」の文字があることから「獺祭」という酒名が付けられました。
・ メール先:dassai_sakurai@asahishuzo.ne.jp
・ ホームページ:http://asahishuzo.ne.jp/
フォロー中のブログ
ニューヨークスタイル
ありがとう、ベン! 自閉...
ボーカンシャ ~『ニュー...
プロ女子アメフトプレイヤ...
以前の記事
2013年 12月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:NYでの試飲会・イベントの様子( 37 )
コーシャー酒お披露目会
a0074771_12291752.jpg

この写真をご覧ください。
そう、「世界ヒゲ&シルクハット愛好会」の会合で獺祭を出しているシーン・・・では有りません。
a0074771_12343295.jpg

実は獺祭が昨年末にコーシャーという資格を取得し、そのお披露目パーティだったんです。
コーシャー(カシャー、コシェル)の資格というのは、簡単に言うと、ユダヤ教徒が口にしていい食物ということですが、この資格の基準がまたとんでもなく厳しいんです。
(詳しい基準はこちらをご覧ください)
例えば、豚由来の原料は駄目、しかも例えば酒造りに使う酵母に、豚のたんぱく質を使用していないかどうかなど、原材料の由来に至るまで厳しくチェックが行われます(実際にユダヤ教の牧師、ラビが酵母の培養元である醸造協会まで赴きチェックしたそうです)。

もちろん、このコーシャー取得に合わせて旭酒造の造りを変えたり、特別なお酒を出しているわけでは有りません。普段通りの獺祭の造り、つまり純米大吟醸の造りのままですが、それでも認定、登録までに2年以上かかりました(話を聞くに、今まで何社もこの認証登録にトライしては、諦めているとのこと。アルコール添加をしたラインナップが有ると、格段にハードルが高くなるようです)。どうやら地酒では初取得らしく、光栄なことです。

この資格取得を記念して、LAとNYでお披露目会をやってきました(冒頭の写真はNYです)。

LAはビバリーヒルズ在住のユダヤ人の邸宅(なんとビバリーヒルズの住人の9割近くがユダヤ人のようです)。
a0074771_1236659.jpg

a0074771_12362823.jpg

a0074771_1237244.jpg

NYはユダヤ系料理のレストラン(でも実は寿司バーも店内に有ったり。一定の基準を満たせば寿司も提供できるようです)。
a0074771_12375335.jpg

a0074771_12401176.jpg

本当に特殊な方を対象とした試飲会でしたので、質問、反応共にすごく新鮮でした(だって試飲会の前にお祈りの時間が有ったんですよ?)。
a0074771_12384540.jpg

もちろんこれがすぐに販売に結び付く、というわけでも有りませんが、今後世界に日本酒が出ていく上で、大きな武器になる(といいなあ)と思っています。
a0074771_1239493.jpg

a0074771_12391878.jpg

ちなみに、このコーシャーマークは国内発売の商品にも順次ついてくる予定です。ラベルの左下隅に有りますので、ぜひチェックしてみてください。
[PR]
by asahishuzodassai | 2011-07-10 12:40 | NYでの試飲会・イベントの様子
ニューヨーク「ラッキーライス」イベント
ニューヨークで、「ラッキーライス」というイベントが、毎年開催されています。

これは、アジア系レストランというくくりで、日本食ももちろんですが、韓国、中国、東南アジアなど様々なジャンルのレストランが参加して、1週間かけてNYの色々なところでイベントをやっていくという大がかりなものです。
その中でも人気のあるイベントに「ナイトマーケット」と、「Grand Feast」という2つが有ります。

a0074771_15163549.jpg

「ナイトマーケット」は、ダンボというマンハッタン対岸のエリア(最近すごく流行ってきてるエリアです)で、名前そのまま夜の市場の雰囲気を再現したイベント。
お祭りっぽくカジュアルなワイワイガヤガヤなイベントですが、各屋台はアジア諸国の名のあるレストランが担当していますので、味も美味しいという1粒で2度・・・的なイベントで、

a0074771_15174843.jpg

「Grand Feast」は、ナイトマーケットとはガラッと変わって、マンダリンオリエンタルホテルの最上階のパーティルームを貸し切って、アジア系ファインダイニングが腕をふるう、豪華な雰囲気のパーティです。お客様も華やかに着飾った方々ばかりです。

この2つのイベント内の日本酒ブースに、獺祭も参加してきました。

どうもどちらのイベントに参加するお客さんも、このイベントに出店しているような日本食のいいお店に行っても日本酒を飲まずにワインを飲んだりしていたような不届きな(!?)お客さんが多かったらしく、「日本酒美味い!」と感動しきりの方が多く、お客さんがお客さんを呼び、もちろん日本酒ブースが一つしか無い事も有りますが、イベント中とにかくまあ大人気でてんてこ舞いの状態でした。

ちなみに、「たくさんのお客さん」と言ってもピンと来ないということのために、携帯で撮った動画をアップしてみました。この熱気を感じてください!

「ナイトマーケット」イベント風景

「ナイトマーケット」酒ブース

[PR]
by asahishuzodassai | 2011-05-23 15:14 | NYでの試飲会・イベントの様子
ニューヨーク国連学校試飲会
a0074771_15132963.jpg

NYに国連学校(United Nation International School)という学校が有ります。これは読んで字のごとく、国連に勤務するスタッフの子供たちが通う国際学校です。
この学校で、同校の保護者を対象にした獺祭の説明会&試飲会をしてきました。

a0074771_15135789.jpg

保護者の一人である、田瀬さんという方の呼び掛けに、大勢の方が参加を熱望していただき(開催日程が決まる前から参加者が多数集まっている会も珍しいみたいです)、合計60人以上の方にご参加いただきました。

a0074771_15144944.jpg

酒サムライのティモシー・サリバン氏の酒レクチャーと獺祭のティスティングというセットでの会でしたが、最初のティモシー氏のレクチャーも、皆さん非常に熱心にまじめに聞いていただいています。
a0074771_15154314.jpg

ちなみに、最初にティモシー氏がしたお酒クイズ「日本酒に一番近いお酒は?1.ワイン 2.ビール 3.ウォッカ」という質問に、8割近くの人がウォッカと答えていたことにビックリ(ちなみに答えはビール。穀物を使った醸造酒だからだそうです)。
まだまだ日本酒ってこういうイメージなんですね。
a0074771_1519413.jpg

a0074771_1518443.jpg

まあ、今回のレクチャーでお酒に対する知識もですが、印象も格段にアップしたのではと思います。皆さんいい笑顔で酔っぱらって下さいましたもん。

a0074771_15192480.jpg

a0074771_15194247.jpg

これはオマケ。ティモシー氏と私の写真です。
「国連学校制覇!」みたいな。

ブログランキング参加してみました。
ぽちっと押してみてください。
 
a0074771_156794.gif

[PR]
by asahishuzodassai | 2011-01-10 15:20 | NYでの試飲会・イベントの様子
ニューヨーク研修
NYで若手社員3人の研修をしてきました。

a0074771_11371532.jpg

私に同行して、普段NYでやっている活動(試飲会や、共同貿易のセールススタッフと同行しての営業、スタッフトレーニングなど)を見せたのですが、やはり結構カルチャーショックだったみたいです。

a0074771_11404144.jpg

最終日に、何が一番印象深かったか聞いたのですが、日本酒を飲むメインの客層がアメリカ人だったことがまずは驚きだったようです。何度も話をしたり、写真を見せたりはしてたんですが、実際見るまでは、現地日本人しか飲んでいないという固定概念が消えなかったみたいです。
ちなみに、上の写真は、夕食を食べた「1 or 8」というお店で、特別メニューの「獺祭5種類テイスティングセット」と、鱧(ハモ)とじゅん菜を洋風にアレンジしたものです。この店も、我々以外のお客さんはアメリカ人ばかりでした。

また、共同貿易の方と飲食店を回り、営業活動した際に、売れてる店では、ポジティブに、日本酒をどう売ったらいいかと言う質問を受けたりした半面、売れない店では、「客は味なんかわかんないんだから、かっこいいボトルとか、インパクト強い味の酒を出さなきゃだめだ」という話があったりと、日本酒が売れてる店と、日本酒が売れてない店の反応が全く違うところも、ショックだったようです。
a0074771_11473980.jpg

a0074771_11374739.jpg

ちなみに3人とも海外はほとんど初めてだったことも有り、最初はおっかなびっくりの状態(なんせ、ビビって横断歩道も渡れなかったという・・・)でしたが、最後には町にも慣れ、試飲会のお客さんとも色々コミュニケーションを交わしたり、町を楽しむ余裕も出来ていたようです。

海外の中でも、NYは特に、色々な意味でとんがった市場です。
こういった市場を見た彼らが、今後どういった風に考え、変わっていくのか、
本当に期待しています。
[PR]
by asahishuzodassai | 2010-08-18 11:48 | NYでの試飲会・イベントの様子
若者と日本酒
突然ですが、皆さん学生の時ってどんな日本酒を飲んでらっしゃいましたか?

私の下宿先には実家からの酒が届くこともたまに有りましたが(幸運なことに)、外で飲む際には、アルコールというと恥ずかしながらほとんどがビールかチューハイで、日本酒は、銘柄など無しで熱燗か冷やかしか選べない、いわゆる「ポン酒」と呼ばれるようなものでした(頼んだ人間は、「今日は飲んで飲まれて何かを忘れたいのか!?」と周りから一目置かれてしまったりしなかったり・・・)。

最近見ていると居酒屋の日本酒事情も変わっては来ていますが(地酒メニューが本当に豊富になっています)、飲む側にとっての意識はまだあまり変わっていないようです。

私たちの父親の世代が、そのまた父親たちの世代の飲むウィスキーにあこがれ、「いつかは・・・」とか憧れていたというのを良く聞きます。その頃は、大人が若い世代にいいお酒を飲ませるというのは結構良くある事だったようです。
お酒を飲み始める最初の状態で美味しいお酒を飲まないと、そう考えるようにはなりません(まあ、当たり前といえば当たり前ですが)。
a0074771_1038328.jpg


今回はNYのフォーダム大学の学生を対象にした、日本酒の試飲会という、その意味では非常に意義ある試飲会でした。
a0074771_1039623.jpg

4,50人の学生に集まってもらい、Urban sake のティモシー氏の酒クラスの後に、獺祭と八海山の試飲を行いました。
a0074771_10385142.jpg

ちなみに同大学の教授まで、「前々から楽しみにしてた」と参加してくれました。
a0074771_10393442.jpg

え、お酒の評価はどうだったかって?
人生最初の地酒が、獺祭(と八海山)ですよ?もちろん大好評です。
「いつかは日本酒・・・」と思っていただけたのではないかと思います。
[PR]
by asahishuzodassai | 2010-06-28 10:44 | NYでの試飲会・イベントの様子
ロイター通信ネットワーキングイベント
a0074771_1136283.jpg

ロイター通信が主催するビジネスネットワーキングイベントで、酒ブースを出してきました。
a0074771_1136397.jpg

アメリカでは、こういったビジネス上の交流をメインにしたパーティが非常にさかんですが、これはその中でもかなり大規模なものです。
a0074771_11384910.jpg

集まっている方も、バリバリのビジネスマンという感じで、いつもの試飲会とはまたちょっと違った雰囲気のお客様たちでした(私のほかには、八海山から黒澤さんからいらしていましたが、二人して、「普通の酒の会と全くイメージが違うね」と語っていました)。
a0074771_1139851.jpg

こういう方たちなら、結構いい日本酒を飲みなれているんだろうと思っていましたが、意外なことに、「日本酒飲むのが初めてなんだー(もしくは、熱々の熱燗のホット酒以外飲んだことないんだー)」という方が結構いらっしゃいました。最初の日本酒の反応はというと、もちろん高評価。まさかの時のために持ってきた予備のお酒まで品切れしてしまうほどの盛況ぶりでした。

こういった場合はもちろん酒ではなく会話がメインになるものですが、「仕事するはずが、こんなに酔っちゃって打ち合わせ出来なかったよー」というお褒めの言葉も(?)いただき(まあ、そう言いつつ、取引先の人と肩を組みながら酒を飲んで帰って行きましたんで、結果オーライではないかと・・・)、大成功の試飲会でした。
[PR]
by asahishuzodassai | 2010-05-12 11:41 | NYでの試飲会・イベントの様子
ワシントン、ニューヨーク試飲会@09年5月
先日の日記で書いたシカゴの前後にワシントンに飛び、当地のディストリビューターのヤングウォンカンパニーと協力して試飲会をしてきました。
a0074771_933486.jpg

a0074771_9374082.jpg

ワシントンでの試飲会は、大抵の場合レストランで試飲してもらい、気にいったらそのお酒を買ってもらうという方式です(他の地域にはあまり無いタイプの試飲会で、ちょっと面白いです/ちなみにこの試飲会の会場も面白いです。アジアの要素が色々交じり合って、かっこいいけど混沌としてます)。
a0074771_9425990.jpg

試飲販売ということでお客さんも抵抗あるのかなと最初は思っていましたが、皆さん非常に積極的に試飲していただけ安心。気にいったお酒はどんどん注文して飲んでいただけました。一時はカウンターが見渡す限り獺祭の瓶で埋まって、中々壮観でした。試飲会後もそのお客さんたちと獺祭で乾杯し、楽しい時間を過ごさせていただきました。

次の日はNYでの試飲会。
a0074771_9573254.jpg

a0074771_9494283.jpg

この試飲会はKITEYAというSOHOの小物店で、下駄のメーカー(黒田商店)さんとのコラボでした。
場が小物店ということもあり、やはり下駄がメインの会でしたが、意外にも(?)獺祭を目当てのお客さんも多く、また、獺祭を初めて飲み、「こんな美味しいの初めて飲んだ」と感動してくれるお客さんもそれに負けないくらい沢山いて(普段の試飲会とジャンルが違うので、あまりお酒を飲まない人が結構いらっしゃいました)、なかなか楽しい試飲会でした。


おまけ:嬉しい紹介文
a0074771_9521147.jpg

この日記でもスタッフトレーニングの模様をお伝えした、炙り屋グループの二割三分のメニューの一文が非常に嬉しいものでしたのでご紹介します。
いやー、色っぽい一本。
ですよ。
「美味しい」も嬉しいですけど、こう言った艶の有る表現は見ていて楽しくなります。
嬉しかったのでもう一度書いておきます。
色っぽい一本。

おまけ:黒田商店
この会に来ていた作り手さんから伺ったのですが、このメーカーは、ライブと言って、店舗を持たずに、実演販売しながら各地を回っているそうです。
良いものを作り、置いておくだけでは売れないという経験を踏まえてのこのライブ活動、私も勉強になることが多く、思わず長い間話しこんでしまいました。
黒田商店のライブスケジュールは下記になります。皆さんも良かったら行ってみてください。
http://hakimono.biz/schedule2009.html
[PR]
by asahishuzodassai | 2009-07-14 09:58 | NYでの試飲会・イベントの様子
アメリカSEA試飲会09
今回は、獺祭が所属しているSEA(日本酒輸出協会)という団体のイベントで、アメリカに行ってきました。

中々盛りだくさんの内容です。
では、ご覧下さい。

まず一発目はニューヨーク
a0074771_10403737.jpg

11年目を迎える、ジャパンソサエティ(日本文化をアメリカに向けて発信している文化会館)での日本酒イベント。今年も多数の日本酒ファンがいらっしゃいました。
今年はジョン・ゴントナー(日本酒ジャーナリストとして有名/もはや説明する必要ないかな)さんの、麹についての講演です。日本人でも結構難しい内容でしたが、熱心に聴いているアメリカ人も居てビックリ(その後の試飲会でも麹についての質問が結構多く、2度ビックリ)。本当に皆さん熱心です。
試飲会も皆さん熱心かつ楽しそうに試飲していらっしゃいました。

その後はシカゴに移動し(実はこの間にワシントンでの試飲会が挟まりますが、次の日記で書かせてもらいます)、SEAのメンバーで同じように試飲会です。
a0074771_10411544.jpg

a0074771_10504230.jpg

シカゴでは、領事館で行うプロ向けの第一部、一般のお客さん向けの日本食レストランでの第二部という二段構えのテイスティングでした。シカゴはこれで2年目ですが、NYに負けないくらい盛り上がり始めています。特に第二部の方は凄く、獺祭のブースにも、日本からの獺祭ファン、去年のイベントからの獺祭ファン、他の地域で獺祭を飲んでくれたファン、などの皆さんが周りのお客さんに獺祭を勧めて下さり、あれよ、あれよと言う間に試飲ボトルが空になってしまいました(後半の超ケチケチ試飲作戦が功を奏し、何とか終了30分前までお酒が持ちました)。
ちなみに2枚目の写真ですが、獺祭が一番上手いと一押ししてくれたカップルです。
(日本酒リストに5つ星を書いていてくれました。)

毎年の事ですが、今年もアメリカの日本酒愛好家の方々のパワーを感じる会でした。

おまけ:蔵元の見分け方
NYで日本酒の大きなイベントが有るときは、多数の蔵元が、NYにいらっしゃっています。
そういう蔵元は結構独特の動きですので、意外に見分けがついたりします。
下の条件に当てはまると、結構蔵元さんだったりします。
①ドリンクメニューを熟読する(たまにメニューの写真を撮ったり)
②お酒に詳しそうなレストランスタッフを探す
③隣のテーブルの酒の注文に敏感に反応する
④カバンが酒のビンの形に膨らんでいる(お土産用のお酒です。/結構居ます)



ちなみに、他のタイプのメーカーの方だと、全く違った動きだったりします(出汁メーカーさんだとウドンや蕎麦を最初に頼んだり/出汁の味で自分のメーカーのかわかるようです)。

皆さんも蔵元探しをしてみてください(当たっても特にメリットは無いんですが・・・)。
[PR]
by asahishuzodassai | 2009-06-09 10:54 | NYでの試飲会・イベントの様子
NYでのスタッフトレーニング
今回のNY出張では、何軒かでスタッフトレーニングをやってきました。
スタッフトレーニングというのは、文字通り、レストランスタッフの方々を対象とした、お酒の売り方や獺祭の特徴についてのトレーニングです。
a0074771_17104054.jpg

海外の美味しい和食店は、日本酒にこだわるところも多く(以外に日本よりもその率は高いです)、お陰様でレストランのメニューにお酒が何種類、何十種類入っているお店がどんどん増えてきています。
しかしそこで、お客さんがメニューからお酒を選びきれないという問題が起きてきます。
そのため、レストランスタッフの方がいかにお酒の魅力を説明できるかというのが重要になってきます。ズバリの魅力を端的に説明できるスタッフがいるほど、そのお店のお酒はいいものが売れていく傾向にあります(ちなみに説明が無い場合だと、ある店いわく、「メニューの2番目に安いものが売れる」だそうです。ちょっと納得)。
ちなみにこの写真は炙り屋錦の介、蕎麦鳥人、焼き鳥鳥人、鳥巣という4店のスタッフ、お酒担当に集まっていただいてのトレーニング風景です。見ての通り皆さんメチャクチャ真剣に聞いていただけます。
a0074771_11344756.jpg

それを踏まえて、今回私が獺祭を説明したテーマは、「マニアックじゃないお酒の紹介」というものでした。
山田錦が何か、大吟醸が何かを知らなかったりするお客さんに向けて、しかも接客の短い時間で獺祭の魅力を伝えるわけですから、それに、難しかったり、マニアックだったりしていいわけが有りません。

というわけで、とにかく短く、解りやすく、時には全くお酒に関係ないものに例えて話していました(車に例えたり、男女関係に例えたり/トレーニングがちょくちょく脱線した言い訳ではありません!・・・無いはずです)。
a0074771_1131511.jpg

きちんとスタッフトレーニングで魅力が伝わったか毎回心配していますが、お陰様で今回スタッフトレーニングさせていただいた店の獺祭の売れ行きは非常に非常に、好調のようです(ちなみに写真は今回トレーニングをやった一つの百百川というレストランです。トレーニング後に獺祭3種と食事を合わせたペアリングディナーを特別メニューで出していただけました。料理の美味さも有りますが、非常に人気が有り、ほとんどのお客さんからオーダーが有りました)。ホッと一安心。

おまけ:獺祭カクテルと蕎麦
a0074771_1715870.jpg

これは今回スタッフトレーニングをしたお店の一つ、「蕎麦鳥人」のバーで出しているメニューです。獺祭三部作という、獺祭をベースにしたカクテル3種です。
獺祭とイチゴ果汁を合わせたものですが、果汁の比率を変えたもの2種、温めてイチゴのホイップクリームを浮かせたものと、3種類それぞれ特徴がありました。
正直最初はおっかなびっくり飲んだんですが、なかなかイケます。本来の獺祭の味とはもちろん違うのですが、カクテルとしても美味しく、そして面白いです。皆さんも機会が有ったら試してみてください。
a0074771_17165167.jpg

今回はそれに併せて、その日のスペシャルメニューだった、獺祭蕎麦を頂いてきました。
蕎麦を練るときに獺祭を加えてあり、かみ締めるとほのかに獺祭の香りと、獺祭の甘みが立ち上ってきます。これも美味しかったです。
[PR]
by asahishuzodassai | 2009-05-01 17:19 | NYでの試飲会・イベントの様子
NYインターナショナルフードショー
a0074771_9493214.jpg

3月頭にNYで行われたインターナショナルフードショーに参加してきました。
前年までは、国の機関が中心となってのイベント参加でしたが、今年からはディストリビューター主催でのイベント参加となりました。

日本酒(日本食)が広まるためには、たくさんの人にお酒を飲んでもらう、味を知ってもらうということも必要ですが、それに加えて、知ってもらった方がお酒を飲むことが出来る環境を作って行く、つまり供給の部分が重要になります。
恐らく海外、特にニューヨーク、LA、香港、ロンドンなどの大都市は、「SAKE」なら何でもいいという時代は終わりつつあり、どの銘柄を飲むのか、どのように楽しむのかという時代に進化してきています。そんな状況ですと、ただ酒を大盤振る舞いで出して、集まった人が美味しいといっている事だけでは成功といえず、きちんとプロに向けて発信し、ということは供給もスムーズに出来る体勢を作る事が必要となります。その意味で情報と供給がリンクしたこういったイベントは、どんどん重要度が増してきています。
(海外でのお酒関係のイベントは、残念ながら、現状規模が大きくなればなるほど、供給と乖離してくる傾向にあります。悲しいことです)

a0074771_9564876.jpg

今回はプロの方、一般のお客さんのどちらも非常に多く(下のおまけに書いてあるように2日目は豪雪のせいで会場はガラガラでしたが)、獺祭はかなりの人気。弊社のブースが入口に近かったからかも知れませんが、非常にたくさんの方においでいただけました(今回はブースに自分一人しか居なかったせいでてんてこ舞いでした/ごらんのようなボケ気味の写真しか撮る暇が無いという有様。これでもいいやつを選んだんですよ・・・)。

来年以降もこのイベントは恒例化するようです。
こういったイベントは継続することで意味が増していくと思っています。期待しています。

おまけ:雪のNY
a0074771_9525796.jpg

イベント初日の晩に、雪がぱらつき始めたと思っているうちにどんどん雪が積もり、一晩で2~30センチ以上も雪が積もりました。
やはりNYは北国だなと実感。
久しぶりの雪のせいか、イベント会場に向かうタクシーがカーブのたびにドリフト状態に
(しかもタクシーがボロいせいか、スピードを落とすと車のエンジンがストップしてしまうんです)。いやー、生きて帰れてよかった。
[PR]
by asahishuzodassai | 2009-04-07 09:57 | NYでの試飲会・イベントの様子